産経ニュース

【中江有里の直球&曲球】相撲協会は威厳を持て…示唆に富む板垣退助の「相撲改革」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【中江有里の直球&曲球】
相撲協会は威厳を持て…示唆に富む板垣退助の「相撲改革」

中江有里さん(宮川浩和撮影) 中江有里さん(宮川浩和撮影)

 今年は明治維新から150年の節目。大河ドラマの主役、西郷隆盛が注目を集めているが、明治維新の立役者のひとり、土佐出身の板垣退助も忘れてはならない。

 「一體(いったい)私は武人出身の人間で誠に不風流のもので、七、八歳の頃から相撲が好きであった」。板垣退助全集(原書房)に収められた「相撲漫談」(明治32年)の書き出しから分かるように板垣は大の相撲好きだった。竹馬の友である後藤象二郎とも相撲を取っていたそうだ。

 全集には「相撲改革」(同44年)という文章も収録されている。

 「抑(そもそ)も力士の協會(きょうかい)に於(お)けるは、恰(あたか)も国民の国家に於けるが如(ごと)き者にして、若(も)し協會にして威厳を有せずんば力士を統一する能(あた)はず、(中略)是故(これゆえ)に力士にして自己の幸福を得んと欲せば協會の威厳を重んじ、之(これ)が規律節制に服し、協會と共(とも)に浮沈するの覚悟なかるべからず」

 少々長い引用になったが、相撲協会と力士を国家と国民の関係にたとえ、協会が威厳を持っていなければ力士を統一することができない。力士も幸福を得ようとするなら、規律節制し、協会の威厳を重んじよ、という意味だろう。また協会と力士は浮き沈みをともにする覚悟を持つことともある。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング