産経ニュース

【主張】首相の平昌出席 合意は変わりようがない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
首相の平昌出席 合意は変わりようがない

 安倍晋三首相が、2月に韓国で行われる平昌五輪の開会式に出席する考えを明らかにした。北朝鮮に対する日米韓の連携を優先した形だ。

 首相が隣国で開かれる五輪で「選手団を激励したい」というのは本来なら自然なことだろう。

 快く訪韓できる環境を損なってきたのは、ひとえに韓国に原因がある。

 首相は五輪出席に合わせ、文在寅大統領と首脳会談を行う予定だ。産経新聞のインタビューに答え、慰安婦問題の日韓合意で文政権が示した新方針に対し、「受け入れることはできない」と直接伝えると語った。

 あたり前のことだが、「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった合意は変わりようがない。

 日韓合意は、北朝鮮が核・ミサイル開発を進める中、日韓関係の改善が欠かせないとして交わされた。安倍首相が指摘してきたように合意は日韓関係を築く上での基盤である。にもかかわらず文政権は「真の解決にはならない」などと強弁し、問題を蒸し返そうとしている。

 鄭鉉栢女性家族相の発言にも耳を疑う。韓国紙のインタビューに慰安婦問題で対日圧力を強める考えまで示した。国際会議を米国などで開き「効果的に日本に圧力をかけねばならない」という。国際社会で互いに非難しないとした合意違反だ。合意破棄に等しいと首脳会談で厳しく指摘すべきだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング