産経ニュース

【日曜に書く】相次ぐスポーツ選手の暴力 潔い敗者であってほしい 論説委員・佐野慎輔

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
相次ぐスポーツ選手の暴力 潔い敗者であってほしい 論説委員・佐野慎輔

 ジョージ・スミス容疑者(ゲッティ=共同)  ジョージ・スミス容疑者(ゲッティ=共同)

フェアプレーの神髄

 では、この話に救いはないのかというと、そうではない。

 ラシュワン陣営は試合前、できるだけ時間をかけて山下選手を疲れさせ、我慢できなくなったところを見透かして技をかける作戦を指示した。しかし、彼はその戦法を採らず、真っ向から難敵に挑み、敗れた。

 大事なことはその後である。足を引きずり、歩くことも大儀そうな山下選手にラシュワン選手は肩を貸し、表彰台では手を差し伸べて大きな体を支えた。すがすがしい光景であった。

 「Be a hard fighter,and a good loser」

 フェアプレーの神髄を表す言葉である。「果敢なる闘士であればあるほど、その潔き敗者であれ」。あのときのラシュワン選手はそれを体現してみせた。だから彼に国際フェアプレー賞が授与されたのである。そこをきちんと教えてもらいたい。

 潔い敗者たることは難しい。かつて本命視されながら決勝で敗れ、表彰台で憮然(ぶぜん)とし続けた柔道選手がいた。惨めさの上塗りだった。「勝っておごらず、負けて悔やまず」。スポーツをする上で忘れてはならない。

論説委員・佐野慎輔(さの しんすけ)

「ニュース」のランキング