産経ニュース

【主張】統一会派断念 政党の体をなしていない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
統一会派断念 政党の体をなしていない

民進党の大塚耕平代表(左)と希望の党の玉木雄一郎代表=16日午前、東京・永田町の参院議員会館(斎藤良雄撮影) 民進党の大塚耕平代表(左)と希望の党の玉木雄一郎代表=16日午前、東京・永田町の参院議員会館(斎藤良雄撮影)

 希望の党と民進党が通常国会に向けて統一会派を結成しようとしたが、執行部間の合意がわずか2日で覆された。

 昨年の衆院選をめぐる分裂の経緯などを考えれば、理念や基本政策が異なるとの意見が続出し、感情的反発が生じることは目に見えていた。

 党内情勢や世論を見誤った点で、双方のトップに指導力が欠けているのは明白だ。

 野党としての存在感を形だけ整えることに、大きな意味はない。国政において何を発信し、有権者の負託に応えるか。その練り直しを急ぐことが先決である。

 立憲民主も加え、衆院選を契機に民進党から3分裂した各党の溝の深さが改めて露呈した。政策置き去りの野合とならなかった点は救いだが、よくある野党のドタバタ劇だと済ませては、健全な政党政治にはつながるまい。

 見過ごせないのは、北朝鮮危機をはじめとする国難に対し、真剣に向き合い、よりよい対応策を提示しようとする姿を見いだせない点だ。国の独立や国民の生命が脅かされているときに、ためにする与野党対立の構図を描くことに固執していないか。

 現実的な外交や防衛努力を重ね、厳しい安全保障環境を乗り切っていくうえで、野党にこそ建設的な議論が求められている。

 希望と民進の執行部がいったん交わした合意文書には、集団的自衛権の限定行使を柱とする安全保障関連法について「違憲とされる部分を削除するなど必要な見直しを行う」とあった。

続きを読む

「ニュース」のランキング