産経ニュース

【津田俊樹のスポーツ茶論】サッカーW杯、内容でなく勝利がすべてだ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【津田俊樹のスポーツ茶論】
サッカーW杯、内容でなく勝利がすべてだ

サッカーW杯ロシア大会の抽選会で、日本がH組に入ったことを示すボード。初戦でコロンビアと対戦する=12月1日、モスクワ(共同) サッカーW杯ロシア大会の抽選会で、日本がH組に入ったことを示すボード。初戦でコロンビアと対戦する=12月1日、モスクワ(共同)

 「日本は豊かだから、なりふり構わず勝ちにいく必要などないんじゃないの。選手もサポーターも背負っているものが違うのさ」

 アルゼンチンから取材に訪れていた記者に、容赦なく突き放されたのを覚えている。

 手元に当時の拙コラムがある。

 「日本代表の敗退が決まると、帰りのバスは肩を落としたサポーターで満員となった。車内は不気味なほど静まり返っていた。そのなかで、一人の若い男性が連れの女性につぶやいた言葉が耳に残っている。『日本人は優しいから、こんな結果でもよくやったと総括しちゃう。だから、いつになっても世界のトップレベルに追いつけないんだよ。もっと、怒らなくちゃ』。疲労困憊(こんぱい)の体と冷えた心が、この言葉に救われた」

 ロシア大会で日本代表はどういう戦いをするのか。サポーターはどう見守り、メディアは何を伝えるのか。再び、試されるときがやってくる。

「ニュース」のランキング