産経ニュース

【日曜に書く】火中の栗を拾う財界総理 政府や与党に是々非々で提言する姿勢を忘れないで 論説委員・井伊重之 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
火中の栗を拾う財界総理 政府や与党に是々非々で提言する姿勢を忘れないで 論説委員・井伊重之 

経団連会長に内定した中西宏明氏 経団連会長に内定した中西宏明氏

 経団連の次期会長に日立製作所の中西宏明会長の就任が内定した。榊原定征会長の就任要請を中西氏が受け入れたことに胸をなで下ろした財界人は多い。「本命」とされた中西氏が固辞すれば、4年前と同じ迷走が繰り返される恐れもあったからである。

 当時、住友化学出身の米倉弘昌会長は、自らの後任に日立会長を務めていた川村隆氏を考えていた。だが、川村氏は米倉氏の要請を何度も固辞し、最後には自身が相談役に退く人事を決めてしまった。その川村氏は、今回の会長人事の相談に訪れた中西氏に「あなたの好きにすればいい」と背中を押した。

◆経団連の存在感は低下

 日本経済はいま、デフレ脱却の正念場にある。それだけに過去最高益が相次ぐ大手企業には、今春闘で脱デフレにつながる着実な賃上げが求められている。とくに日立はトヨタ自動車と並び、春闘相場を牽引(けんいん)する立場だ。正式発足前の中西経団連にとって暖機運転にふさわしい舞台といえる。確かな成果を出してスタートダッシュを切ってもらいたい。

 経団連には日本を代表する大手企業約1350社のほか、100以上の主要な業界団体などが加盟している。政府・与党に政策提言で注文を付け、ときには経済界を代表して政府との交渉に臨む。その会長は「財界総理」とも呼ばれる。

続きを読む

「ニュース」のランキング