産経ニュース

【主張】南北対話 「核」避けるなら無意味だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
南北対話 「核」避けるなら無意味だ

 対話を熱望するあまり相手に足元をみられる。2年1カ月ぶりに開催された南北当局者会談は終始、北朝鮮ペースで進んだ印象を受ける。

 会談の冒頭、北朝鮮側が「贈り物」を差し上げると、平昌五輪参加を表明したことに象徴されていよう。

 軍当局間会談の開催でも、双方は合意した。

 それらにいかほどの意味があるだろう。最大の焦点で差し迫った脅威になっているのは、北朝鮮の核・ミサイル問題だ。

 韓国側は非核化に向けた対話の必要性に言及した。だが、「それは議題ではない」と反発を受けてかわされた。

 非核化を導かない対話に、価値を認めることはできない。文在寅大統領が自分の点数稼ぎを図ろうとすれば、北朝鮮に核開発の時間を与え、地域や国際社会を危険に巻き込みかねないのである。

 北朝鮮が五輪参加を大仰に伝えたのも、文氏が「関係改善への転機」などと重視しているのを逆手に取ったものといえる。

 共同報道文は、韓国が北朝鮮代表団に対して「必要な便宜を保証する」ことをうたっている。実質的には、飢餓対策などの人道目的を超える「対北支援」に相当することにならないか。

続きを読む

「ニュース」のランキング