産経ニュース

【正論・年頭に当たり】戦後の惰眠から覚醒し日本文明の「魂」を復興させよう 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論・年頭に当たり】
戦後の惰眠から覚醒し日本文明の「魂」を復興させよう 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司

文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司氏(瀧誠四郎撮影) 文芸批評家、都留文科大学教授・新保祐司氏(瀧誠四郎撮影)

 昨年12月19日、ミューザ川崎シンフォニーホールで交声曲「海道東征」が演奏された。アンコールで演奏された「海ゆかば」を聴きながら、戦後七十余年がたって、ついに日本文明の復興が始まったのではないかと思った。

≪「海道東征」こそ代表的作品≫

 日本は一国一文明の宿命にあるが、それを国粋的に捉えてはよくないであろうし、日本文明の今後の発展につながる発想でもない。

 神武天皇の東征を題材としたこの「海道東征」にしても、西洋の近代詩に大きな影響を受けた北原白秋が、最晩年に日本の『古事記』や『万葉集』の言葉を使って創作した民族の叙事詩に、バッハをはじめとする西洋音楽を深く学んだ信時潔が作曲したものである。決して「日本的な、あまりに日本的な」音楽ではなかった。

 西洋に影響を受けたにもかかわらずではなく、西洋に学んだがゆえに、日本文明の近代における代表的な作品となった。これが、明治以降の日本文明の宿命である。

 「海道東征」は、日本文明の柱の一つとして聴かれ続けるであろう。昭和15年の「紀元二千六百年」の奉祝曲として作られたこの名曲は、日本文明がはっきり刻印された芸術だからである。

続きを読む

「ニュース」のランキング