産経ニュース

【風を読む】論説副委員長・沢辺隆雄 教師の不祥事を隠蔽し、犯人隠避容疑で書類送検… 学校幹部よ、誇りある教師の育成を!

ニュース コラム

記事詳細

更新

【風を読む】
論説副委員長・沢辺隆雄 教師の不祥事を隠蔽し、犯人隠避容疑で書類送検… 学校幹部よ、誇りある教師の育成を!

 米国の公立高校が舞台というので、正月に借りて見た。レンタルビデオ店に並んでいた米国映画「フィスト ファイト」。拳で殴り合うという題名の通り、主人公の気弱な教師が、同僚の鬼教師から決闘を申し込まれるコメディーだが、校内の規律の乱れや学校の予算カットで解雇される教師など米国の厳しい教育環境が垣間見える。

 それに比べ日本の教育の質は高いと笑ってもいられない。

 文部科学省が昨年末まとめた調査では、わいせつ行為などで処分を受けた公立小中高校などの教職員は、平成28年度で226人と過去最多だった。

 かつて資質など問題のある先生は、M(エム)教師といわれた。近年はH(エッチ)教師というのでは嘆かわしい。教員全体から見れば数はわずかだが、教育の信頼を損ない、がんばっている教師の足を引っ張る。

続きを読む

「ニュース」のランキング