産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(12)利用された“政治不介入”

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(12)利用された“政治不介入”

 ベルリン五輪反対派はスペインのバルセロナで「人民オリンピアード」を開こうとして内戦で挫折する。ドイツ国内では着々と五輪の準備が進み、ナチ親衛隊は「期間中は政治的反対者を痛めつけてはならない」「外国人とみれば、とにかく愛想よく振る舞うこと」と国民に指示した。

 事態の展開は確かにモスクワ五輪と似ている。ヒトラーは金メダル33個を“獲得”して五輪を成功させたが、その戦略の根源は“宣伝”にあった。五輪後はIOCも用なしと突き放し、新たな侵略へと突き進んだ。この二の舞いだけは許さないというのが戦後の大いなる反省だった。

 モスクワ五輪のボイコットはいまも論議になるが、不参加決定の重さもまた評価すべきことであった。=敬称略(蔭山実)

「ニュース」のランキング