産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(12)利用された“政治不介入”

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(12)利用された“政治不介入”

 「オリンピックの相互理解こそ、戦争への緊張を解きほぐすものだ」。モスクワ五輪のボイコットが論議になり始めた1980年1月、米国務長官、サイラス・バンスの脳裏を、44年前の米オリンピック委員会の見解がよぎった。

 36年のベルリン五輪。モスクワ五輪を取り巻く状況がそれと似ていると感じたバンスは同じ過ちは犯せないと考えていた。ベルリン五輪は委員会での投票で小差で参加が決まる。バンスは、参加決定の重さは評価しつつ、参加は誤りだったと指摘した。

 モスクワ五輪でなぜ、ベルリン五輪を思い起こすことになったのか。当時の産経新聞は「利用された“政治不介入”」の見だしで、独誌シュピーゲルの特集記事の翻訳を掲載し、その疑問に答えている。記事の前文にこうある。

 《「貴賓席に座るアフガニスタンへの軍事介入者ににこやかなあいさつなど送れない」-こう主張する不参加支持者たちの胸によみがえるのは、一九三六年八月、ヒトラー政権下のナチ・ドイツで開かれたあのベルリン・オリンピックをボイコットできなかった苦い思い出である》

続きを読む

「ニュース」のランキング