産経ニュース

【スポーツ茶論】正木利和 「ボクシングの虫」のうずき

ニュース コラム

記事詳細

更新

【スポーツ茶論】
正木利和 「ボクシングの虫」のうずき

 《ボクシングは奇妙なスポーツだ。》

 歌人であり劇作家でもあった寺山修司(1935~83年)の著書「ポケットに名言を」をめくると、こんな文章にぶちあたる。

 その続きはこうだ。

 《同じことを街中でやってみろ。たちまち逮捕される。》

 カーク・ダグラス(101)という、米国の名優が主演した「チャンピオン」という古い映画の台詞(せりふ)だそうである。

 街の真ん中で殴り合いをやってしまったら、そりゃあ当たり前だろうが、とついこの映画のシナリオライターを突っ込みたくなる。

 しかし、「奇妙なスポーツ」であるという点においては、激しく同意したい。

 その奇妙さとは、このスポーツのもつ「中毒性」のようなもののことである。

                 □  □ 

 1980年代の米国中量級黄金時代にシュガー・レイ・レナード(61)というボクサーがいた。彼は引退とカムバックを何度も繰り返した。一方、そのライバルだったロベルト・デュラン(66)というパナマ選手は、50歳になってもなおリングに上がった。法外なファイトマネーを手にしているにもかかわらず、彼らはなぜか、いつまでもボクシングという競技から離れようとはしなかった。

続きを読む

「ニュース」のランキング