産経ニュース

【正論・年頭にあたり】皇位継承儀礼は伝統に則して 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論・年頭にあたり】
皇位継承儀礼は伝統に則して 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

東京大学の小堀桂一郎・名誉教授=2004年11月24日、東京本社14階役員応接室(小松洋撮影) 東京大学の小堀桂一郎・名誉教授=2004年11月24日、東京本社14階役員応接室(小松洋撮影)

 平成28年8月8日に今上陛下が譲位の御意向を直接国民に向けて表明された時には、我が国の立憲政治確立以降前例のない難問が出来したとの印象があつた。それが昨年12月1日の皇室会議での決議を8日の閣議で正式の決定に漕ぎ着け、陛下の御意向に添ふ形で難題の決着がついた次第は先づは祝着の至りである。

 政教分離への小心な配慮無用

 これは天皇の国事行為について助言と承認の全責任を負ふ内閣が立派にその任務を果たしたわけであり、さすがに歴史的見識と政治的力量十分な現総理の率ゐる内閣にふさはしい事蹟と評価できる。

 但、予告された31年4月30日の御譲位、翌5月1日の改元といふ段取りには、その間になほ解決しておくべき幾つかの課題がある。それを摘記して、妥当な落着への推進を政府にお願ひしたいといふのが年頭に当つての感想である。

 今回の御譲位はその発想から皇室典範特例法の制定に行き着くまで、現行憲法の、殊に第4条の国政に関する権能の制約を超越しての超憲法的措置である。従つて新帝の即位に関はる諸種の国事行為の遂行に当り、昭和から平成への御代替りの際の前例を固定的に踏襲する必要は解消してゐる。むしろ二百年前の光格天皇から恵仁親王(仁孝天皇)への御譲位が生じた文化14年3月22日の例に倣つて進めるのが順当である。

続きを読む

「ニュース」のランキング