産経ニュース

【日曜に書く】きょうは「人日」…人の道たる「道徳教育」の歴史をたどってみた 論説委員・山上直子

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
きょうは「人日」…人の道たる「道徳教育」の歴史をたどってみた 論説委員・山上直子

 井上ら当時の国の頭脳ともいうべき知識人たちが苦心して作った教育勅語が、後に極端な使われ方をしたのは確かだ。といって、その反省から一切を抹殺してしまうのもまた、極端で危険なことではないか。

 偏らず、決めつけず、歴史と時代背景を踏まえた上で公平に論じることが大切だ。道徳という川の流れの中にあって、先人の苦労を無視してはならないし、評価すべき所はきちんと評価しなければならない。

 井上はその解説書を修身教科書とするのに反対だったという。戦前戦後の出来事も、さらにはいま21世紀に起きている論争も、半ば予想していたのかもしれないと、ふと思った。(やまがみ なおこ)

「ニュース」のランキング