産経ニュース

【日曜に書く】紅勝て、白勝て、日本勝て! 荘重な鐘の音を聞きながら忍び寄る危機に思いを致し祈りたい 論説委員・清湖口敏 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
紅勝て、白勝て、日本勝て! 荘重な鐘の音を聞きながら忍び寄る危機に思いを致し祈りたい 論説委員・清湖口敏 

 12月というと決まって「忠臣蔵」を書きたくなる。昨年(4日付)も一昨年(27日付)も、本欄の序開きには忠臣蔵の話をもってきた。今年も都合よく?最後の最後、大みそかに執筆順が回ってきた。ならば例を踏襲しない手はないと、まずは次のような謎かけから-。

◆大石内蔵助の「才」

 「流浪の大石とかけて、ばくち打ちととく。心は」

 お分かりだろうか。心は「腹に才(賽(さい))が有る」。

 明治19年刊の「しん板なぞなぞ双六(すごろく)」に大石内蔵助の絵入りで紹介されている謎かけで、なるほど、大石の隠れた才がなければ赤穂浪士は首尾よく本懐を遂げられなかったろう。

 江戸城内での刃傷事件で、ときの幕府は喧嘩(けんか)両成敗の裁きをせずに、浅野内匠頭にだけ切腹を命じた。相手の吉良上野介にはお咎(とが)めなしである。大石らの決起は幕府の不公平な裁定への反抗でもあった。

 だが、「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」の名言で知られる『葉隠』は、この討ち入りを批判する。藩主の死から時間がかかり過ぎ、もしその間に吉良が病死でもしたら「残念千万」だというのだ。武士たる者、喧嘩の勝ち負けよりも美しい死を選ぶというのが、同書の説く行動の美学である。

続きを読む

「ニュース」のランキング