産経ニュース

【日曜に書く】毎年見るのは去った時代への懐旧にすぎない そろそろ「紅白」卒業か 論説委員・鹿間孝一

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
毎年見るのは去った時代への懐旧にすぎない そろそろ「紅白」卒業か 論説委員・鹿間孝一

 大みそかはNHKの「紅白歌合戦」である。

 なぜ?と問われても、子供のころからそうだった、としか言いようがない。

 昭和30年代の前半、わが家にはまだテレビがなく、雑音まじりのラジオで聞いた。歌よりも、「南極観測船『宗谷』から応援の電報が…」に幼い心が弾んだ。

 記者になると、年を越す勤務も少なくない。仕事をしながら横目でテレビを見ている。誰かがチャンネルを変え、「紅白に戻せ!」と声を荒らげてひんしゅくを買ったこともある。

 ◆最初は正月番組

 第1回紅白歌合戦は、昭和26(1951)年1月3日にラジオで生放送された。正月番組だったのだ。

 渡辺はま子、二葉あき子、近江俊郎、東海林太郎ら紅白7人ずつが出場した。トリは後に国民栄誉賞を受賞した藤山一郎さんの「長崎の鐘」だった。

 当時のNHK東京放送会館で一番大きなラジオ第1スタジオに、約300人の観客がつめかけたという。

 好評だったので翌年も放送され、第4回から大みそかに移された。しかし、これほど長寿の、しかも国民的番組になるとは、誰も思わなかっただろう。

 実は終戦の年の大みそかに、前身の「紅白音楽試合」が放送されている。

続きを読む

「ニュース」のランキング