産経ニュース

【産経抄】慰安婦像撤去「男の約束」から2年…日本の怒りをストレートに伝えるしかない 12月23日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
慰安婦像撤去「男の約束」から2年…日本の怒りをストレートに伝えるしかない 12月23日

 「これでソウルの在韓日本大使館前の慰安婦像は撤去できます」「男と男の約束です」。2年前の12月、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった日韓合意が結ばれる際、韓国の李丙●(イ・ビョンギ)元駐日大使は、日本側担当者にこう語った。国と国同士の重い取り決めである。

 ▼ところが、この約束は一向に果たされない。慰安婦像は取り去られるどころか、路線バスに乗せられ、韓国内を経巡っている。さらに、韓国議会は先月、8月14日を法定の「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」とする議決をした。

 ▼李氏はというと、贈賄などの容疑で逮捕されてしまった。政権が代わると、前政権の施政を全否定する傾向は日本の民主党政権でもみられたが、韓国は極端に過ぎよう。毎度、前大統領や側近、幹部らが次々に罪に問われていくのは異様の一言である。

 ▼今年6月、読売新聞と韓国日報が発表した日韓共同世論調査結果が示唆的だった。今後の日韓関係について「良くなる」と答えた人は、日本ではわずか5%にとどまったのに対し、韓国では56%にも上った。露骨な嫌がらせをしておいて、相手の憤りを理解できない韓国の姿がよく分かる。

 ▼韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が先日来日したのは、安倍晋三首相を来年2月の平昌(ピョンチャン)五輪に招くためだった。日韓合意という国際的な約束を平気で踏みにじりながら、日本の好意と協力が得られると信じる隣国の何という異質さよ。

 ▼康氏と会談した河野太郎外相は日韓合意の履行を強く求め、短時間面会した安倍首相も、合意を決してないがしろにしないよう厳しくクギを刺した。感情表現をあらわにすることが当たり前の韓国には、婉曲(えんきょく)的な言葉は通じない。日本の怒りを、ストレートに伝えるしかない。

●=王へんに其

「ニュース」のランキング