産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(10)器械を超えた天才も少女に戻る

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(10)器械を超えた天才も少女に戻る

段違い平行棒で、手が滑り、バーから落ちる寸前のコマネチ。落下は優勝を狙うルーマニアに大きな打撃となった=1980年7月(UPI=共同) 段違い平行棒で、手が滑り、バーから落ちる寸前のコマネチ。落下は優勝を狙うルーマニアに大きな打撃となった=1980年7月(UPI=共同)

 モスクワ五輪の6日目、1980年7月24日、レーニンスタジアム(現ルジニキスタジアム)の複合施設にあるスポーツパレスでは、熱い戦いが繰り広げられていた。体操女子の個人総合。連覇を狙うルーマニアのナディア・コマネチと、地元の利を生かして逃げ切ろうとするソ連のエレナ・ダビドワ。その幕切れは後味の悪いものとなった。

 「五輪は常に最高の技術水準で開かれてきた偉大なスポーツの祭典。モスクワ大会のために一生懸命、練習していた。大変厳しい競技になるだろうが、勝ちたい」。大会前にそう話していた76年モントリオール五輪の覇者、コマネチは土壇場で驚異の巻き返しを見せる。

 前日に落下して4位となった段違い平行棒の自由演技で10点満点を出し、2位に浮上、最終種目の平均台にすべてをかけた。だが、演技が終わり思わぬ展開となる。点数で審判団の意見がまとまらないのだ。ルーマニア出身の審判長が決定的なミスはなかったとし、他の審判員の採点が低すぎることに納得しなかった。

続きを読む

「ニュース」のランキング