産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(9)スポーツは重要で難しい「労働」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(9)スポーツは重要で難しい「労働」

 「泳ぐコンピューター」。人は彼のことをそう呼んだ。モスクワ五輪の競泳男子で圧倒的な強さを見せたソ連のウラジーミル・サルニコフ。1500メートル自由形で当時の世界記録を一気に4秒以上も縮める14分58秒27で優勝し、初めて15分の壁を破った。

 31年前の1949年、「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた古橋広之進が出した世界新記録18分19秒0と比べると、3分20秒余り短縮。37年後の現在、世界記録は14分31秒02で、27秒余りしか短縮されていないことを思うと、当時、「驚異的世界新記録」と報じられたのもうなずける。

 サルニコフは弱冠20歳だった。遠洋航路の船長を父に持ち、7歳のころから水泳の英才教育を受けた。「スポーツマスター」の称号を持つレニングラード体育大生と伝えられたが、労働者や軍人のためのスポーツクラブのような組織で鍛錬を積んだという。

 その姿は、ソ連の五輪参加で問題となった「ステートアマチュア」、国家から報酬や身分保障を受けてプロ同然に競技に専念するアスリートを象徴していた。人間離れした泳ぎの秘密を当時の産経新聞は日本水泳連盟幹部の話としてこう伝えている。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング