産経ニュース

【別府育郎のスポーツ茶論】W杯ロシア大会への期待 日本のサッカーが世界を驚かす結果を待ちたい 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【別府育郎のスポーツ茶論】
W杯ロシア大会への期待 日本のサッカーが世界を驚かす結果を待ちたい 

 サッカーW杯ロシア大会の抽選会で、日本がH組に入ったことを示す元イタリア代表のカンナバロ氏=1日、モスクワ(AP=共同)  サッカーW杯ロシア大会の抽選会で、日本がH組に入ったことを示す元イタリア代表のカンナバロ氏=1日、モスクワ(AP=共同)

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせが決まった。日本は1次リーグで、コロンビア、セネガル、ポーランドと戦う。

 コロンビアは前回ブラジル大会で完敗した相手だ。DF陣がいいように翻弄された得点王ハメス・ロドリゲスに加えて、前回は負傷欠場の点取り屋ファルカオが帰ってくる。

 セネガルは2002年日韓大会の印象が鮮烈だ。開幕戦で前回優勝のフランスを破り、旋風を起こした。トルコに延長で敗れた大阪・長居の準々決勝をスタンドで見たが、終始互いがハイテンションでピッチを駆け回り、大会のベストマッチと思えた。

 ポーランドには世界屈指のストライカー、レバンドフスキがいる。この国はこれまでも優秀なFWを輩出してきた。隣国ドイツを牽引(けんいん)したクローゼ、ポドルスキもポーランドの出身である。ドイツ開催のW杯ではそろって「結婚するならポーランド女性」と述べてドイツ女性のひんしゅくを買ったらしい。

                □   □

 日本代表の活躍を占う格好のテキストは、11月の欧州遠征で戦ったブラジル、ベルギーとの連戦だろう。ブラジルには1-3で完敗し、ベルギーには0-1で惜敗した。

続きを読む

「ニュース」のランキング