産経ニュース

プーチン外交は「柔道型」 仙台「正論」懇話会で木村汎氏講演

ニュース コラム

記事詳細

更新


プーチン外交は「柔道型」 仙台「正論」懇話会で木村汎氏講演

講演する木村汎氏(林修太郎撮影) 講演する木村汎氏(林修太郎撮影)

 仙台「正論」懇話会の第50回講演会が7日、仙台市青葉区のホテルメトロポリタン仙台で開かれ、北海道大名誉教授で国際日本文化研究センター名誉教授の木村汎氏が「プーチンのアメーバ戦略-ウクライナ、シリア、北朝鮮-」と題して講演した。

 木村氏は、西側諸国の外交はルール順守の「チェス型」なのに対し、ロシアの外交はウクライナ南部クリミア半島併合を踏まえ、プーチン大統領の特技である柔道に例えて、いつ何度攻めても良い「柔道型だ」と解説した。

 その上で、北方領土問題はクリミア併合と似ていると指摘。問題解決に向けて日本が取るべき行動として「ウクライナとスクラムを組むべきだ」と主張した。さらに、ロシアが日本の隣国であるのは運命だとし、「危険とともに生きるしかない」とも説いた。

「ニュース」のランキング