産経ニュース

【葛城奈海の直球&曲球】「天皇の島」ぺリリューを訪ねて思った 戦後日本の平和を守ってきたのは憲法9条でも日米同盟でもない 英霊たちの精神だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【葛城奈海の直球&曲球】
「天皇の島」ぺリリューを訪ねて思った 戦後日本の平和を守ってきたのは憲法9条でも日米同盟でもない 英霊たちの精神だ

パラオ諸島ペリリュー島に現存する滑走路脇に残る95式軽戦車 パラオ諸島ペリリュー島に現存する滑走路脇に残る95式軽戦車

 「あれがペリリューだよ」。指された島影に、目を疑った。「中川州男(くにお)大佐率いる日本軍が74日の激戦に耐えた島」として想像していたのとは比較にならないほど小さく扁平(へんぺい)な島だった。広さは約13平方キロメートル。東京ドーム約276個分である。米軍が「スリーデイズ、メイビー・ツー」と豪語し3日で攻略できると考えたのも無理はない。

 中川大佐らが自決した11月24日(昭和19年)を前に、パラオ共和国ペリリュー島を訪ねた。第一次世界大戦後、国際連盟によって日本の委任統治領となったパラオ。今でもパラオ語の約25%は日本語といわれるほどの親日国だ。

 19年9月、パラオへの攻撃が始まった。戦闘に巻き込まないため、「貴様ら原住民と一緒に戦えるか!」と中川大佐が心を鬼にして冷たい言葉を吐き、全島民を疎開させた逸話は有名だ。兵力約4倍、火力数百倍と戦力は米軍が圧倒していた。これに対し、日本軍は隆起サンゴ礁の洞窟をツルハシで掘り進めて要塞化。持久戦に持ち込んだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング