産経ニュース

【正論新風賞・喜びの言葉】小川榮太郎氏「古典との対峙を疎かにする民族に文芸の未来はあり得ない」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論新風賞・喜びの言葉】
小川榮太郎氏「古典との対峙を疎かにする民族に文芸の未来はあり得ない」

文芸評論家の小川榮太郎氏 文芸評論家の小川榮太郎氏

 〈おがわ・えいたろう〉昭和42年、東京都生まれ。一般財団法人日本平和学研究所理事長。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修了、修士課程の指導教官は正論メンバーで哲学者・評論家の長谷川三千子氏。専門は近代日本文学、19世紀ドイツ音楽。著作に「約束の日 安倍晋三試論」「最後の勝機(チャンス) 救国政権の下で、日本国民は何を考え、どう戦うべきか」「保守の原点-『保守』が日本を救う」(共著)「一気に読める戦争の昭和史」「小林秀雄の後の二十一章」「天皇の平和 九条の平和-安倍時代の論点」など。

関連ニュース

「ニュース」のランキング