産経ニュース

【正論】本居宣長の「保守主義」に学び、「自然のまま」「神の所為」を大事に 日本大学教授・先崎彰容

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
本居宣長の「保守主義」に学び、「自然のまま」「神の所為」を大事に 日本大学教授・先崎彰容

日本大学の先崎彰容教授 日本大学の先崎彰容教授

 全ては「神」が、私たちの思惑を超えて世界を主宰している。解釈など寄せつけない何かの意志が働いている。だから宣長は、日本に独自の「価値」や伝統といった存在は指摘しても、最終的に価値の是非は論じない。宣長研究者の水野雄司氏によれば、宣長は「もののあはれ」こそ日本人らしさなのだという価値観すら、後に放棄してしまったらしい。また自身の葬式は、世間の流れに従って仏教式で行うことを求めた。なぜなら「神」がそういう社会のもとに、宣長を生んだからである。

続きを読む

「ニュース」のランキング