産経ニュース

【正論大賞・喜びの言葉】新保祐司氏「戦前と戦後の断絶を乗り越え真の日本人の精神を復活させることが必要」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論大賞・喜びの言葉】
新保祐司氏「戦前と戦後の断絶を乗り越え真の日本人の精神を復活させることが必要」

文芸批評家の新保祐司氏 文芸批評家の新保祐司氏

 北原白秋作詩、信時潔作曲の交声曲「海道東征」の復活は、この曲の戦後長きにわたる「封印」が解かれたということであり、単なる音楽の問題に止まらず戦後精神史の問題であったのです。戦後70年にあたる平成27年の大阪での復活公演の成功をきっかけに、この「海道東征」の演奏会が東京をはじめ各地で開催されていることは、私の生涯における深い喜びとして心に残り続けると思います。

 この名曲の復活は日本人のアイデンティティとは何か、という問題につながるものであり、日本人が一国一文明の宿命にある日本文明を、栄光ある文明としてこれからも引き継いでいく「意志」を表したということではないでしょうか。

 折に触れて「正論」欄に執筆させて頂くことは、私にとって高い精神的緊張を持って日々、時代の中で生活することです。というのは、「正論」欄は、時代のただ中に生きながら、歴史と伝統という精神的次元のものとも相渉ることから創造される文章が求められていると考えているからです。この受賞を励みに使命としての言論に一層精進して参りたいと心を新たにしています。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング