産経ニュース

【黒沢潤のスポーツ茶論】アフリカで命落とす動物たち

ニュース コラム

記事詳細

更新

【黒沢潤のスポーツ茶論】
アフリカで命落とす動物たち

 東アフリカを1990年代、単身で旅した。文豪ヘミングウェーの小説でも有名な美しいキリマンジャロが眺められるサバンナに夜、テントを設置し、かがり火をつけて眠っていたとき、どこからともなく近づいてきたライオンの低音のうめきを枕元で聞き、肝を冷やしたことがある。無数のピンクのフラミンゴが集まる湖の近くで見たゾウを近くで撮影しようとした際には、興奮して怒り狂ったゾウに数十メートル追い掛けられ、恐ろしい思いもした。

 忘れ難い恐怖とはいえ、「聖地」の動物のナマの姿に触れ、限りなく感動したことを今も覚えている。

 こんな経験があるだけに、米国の魚類野生生物局が11月に下した「決定」には衝撃を受けた。決定とは、アフリカのジンバブエとザンビアで合法的に狩猟したゾウの象牙など「記念品」を米国に持ち込むのを解禁するというものだ。オバマ前政権時代の判断を覆す決定には批判が噴出し、さすがのトランプ大統領もツイッターで「判断保留」の考えを示すに至った。

続きを読む

「ニュース」のランキング