産経ニュース

【日曜に書く】天の時、地の利、人の和 論説委員・別府育郎

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
天の時、地の利、人の和 論説委員・別府育郎

収穫の一年

 皇后陛下美智子さまは10月20日、83歳の誕生日を迎え、文書でこの一年を振り返られた。その中に、この一節があった。

 「陸上競技百メートル走で、遂(つい)に一〇秒を切る記録が出、続いて一〇秒〇〇の好記録がこれを追う等、素晴らしい収穫の一年でした」

 日本選手がついに10秒を切ったのは9月9日、桐生祥秀(東洋大学)の9秒98であり、10秒00でこれを追ったのは9月24日、山県亮太(セイコーホールディングス)である。

 偉いのは走った桐生であり、山県である。ただし「初」の壁は、一人の力ではなかなか越えられない。人類で初めて10秒を切ったジム・ハインズ(米国)は、選手生活の絶頂で空気抵抗が少ない高地開催のメキシコ五輪という、最高の舞台を得た。天の時、地の利である。

 桐生の場合は、追い風1・8メートルという公認ぎりぎりの好条件を天の時、過去に女子100メートルの日本記録も生んだ優れたトラックを地の利と呼んでいいのかもしれない。

 孟子曰(いわ)く、「天時不如地利、地利不如人和(天の時は地の利に如(し)かず、地の利は人の和に如かず)」。人の和とは何か。

続きを読む

「ニュース」のランキング