産経ニュース

【台湾有情】「民主主義の後退」何があった?!

ニュース コラム

記事詳細

更新

【台湾有情】
「民主主義の後退」何があった?!

 「民主主義の後退」

 新聞の大げさな見出しに何があったのかと驚いた。立法院(国会に相当)の委員会室で、記者席が議場ではなく2階に移された、という記事だった。

 議事の混乱が続いたため事務総長が決めたという。これに記者団に加え左右の野党がかみつき、中国国民党寄りの2紙も続いた。日本で国会を担当したことがあるが、手続きの是非はともかく、そんな目くじらを立てることだろうか。

 委員会室は、議員席のすぐ後ろに机付きの記者席があり、確かに取材環境は恵まれている。乱闘の時など、カメラマンが議員席に駆け寄り迫力のある写真や映像が伝えられる。

 ただ、注目を集めようと、わざと派手な演出をする議員も多い。本会議でプラカードを持ち込んで院長(議長)席を占拠するのは日常茶飯事。委員会で机をひっくり返す。今夏には水風船を投げつける議員が相次ぎ、院長が「目に当たると危ない」と大まじめに禁止を宣言した。

 民主化の過程の名残なのだろうが、3回の政権交代を経験した台湾にふさわしい姿なのか。そういえば、早朝の委員会を取材した際、議員が集まらず30分近く開会が遅れたことがあったが、こちらは全く問題になっていなかった。議会運営も「所変われば品変わる」ということか。(田中靖人)

「ニュース」のランキング