産経ニュース

【主張】日馬富士の引退 これで「幕引き」とするな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
日馬富士の引退 これで「幕引き」とするな

 横綱日馬富士が、平幕貴ノ岩に暴力を振るった責任を取り引退した。

 暴行について「行き過ぎた」と認め、「横綱の名を汚してはいけない」と決断の理由を語った。美学を貫いたつもりだろうが、暴力の正当性を取り繕う弁明に説得力は乏しい。

 どんな思いがあろうと、引退は世間の批判に抗し切れなかった結果であり、今になって「横綱の責任」を持ち出すのは虫がよすぎる。

 一方の当事者の貴ノ岩は沈黙を続け、師匠の貴乃花親方(元横綱)も日本相撲協会への調査協力を拒んでいる。そうした状況そのものが、当事者意識も統治能力も欠いた協会の姿を表している。

 引退届を受理した協会の対応も軽率のそしりを免れまい。事実の解明が進んだ場合、暴力の度合いによっては重い解雇処分も、復帰の道を残す出場停止処分もあり得たからだ。

 断髪式の興行が想定される以上、日馬富士が協会関係者であることに変わりはない。調査に引き続き協力すべき立場だ。協会も引退をもって幕引きとすることがあってはならない。

続きを読む

「ニュース」のランキング