産経ニュース

貴乃花の1人クーデターによって、“パンドラの箱”は開くのか

ニュース コラム

記事詳細

更新


貴乃花の1人クーデターによって、“パンドラの箱”は開くのか

一連の騒動で、日本相撲協会の体質は変わるのか 一連の騒動で、日本相撲協会の体質は変わるのか

 それでも堂々と抗議行動や万歳三唱をやってしまったのだから、おそらく白鵬の中にも日馬富士の暴行を止められなかったという罪悪感がないのだろう。

 いや、それどころか日馬富士の暴行そのものにも白鵬には「悪いこと」という認識がなかったように思えてくる。だからこそ同じく千秋楽の優勝インタビューで「膿を出して日馬富士、貴ノ岩を再び土俵に上げたい」と言い切って被害者はともかく、被疑者までも復帰を後押ししたのかもしれない。

重要ポストも失う覚悟で“1人クーデター”

 個人的なことを言わせてもらえば、これまで白鵬に対しては、かつての「八百長問題」や「暴力事件」など不祥事続きで相撲界全体が存続の危機で揺れ動いた暗黒の時代に横綱として土俵を支えてくれていた経緯もあって応援したい気持ちがあった。ただ、残念ながら今回の問題発覚によって、その気持ちがトーンダウンしてしまったのは事実だ。とても残念である。

 一方、鳥取県警に被害届を提出した貴ノ岩の師匠、貴乃花親方ももう後戻りはできなくなった。日本相撲協会の危機管理委員会から呼び出されても何も報告せず、それよりも数日前に鳥取県警に相談し、あえて警察沙汰へと持ち込んだ。愛弟子、貴ノ岩が頭に負ったケガの具合を見て怒りを爆発させた貴乃花親方は巡業部長という重責にありながら、その重要ポストも失う覚悟で“1人クーデター”を引き起こした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 貴乃花の1人クーデターによって、“パンドラの箱”は開くのか

関連ニュース

「ニュース」のランキング