産経ニュース

【中江有里の直球&曲球】『全員集合』の舞台装置は、間違いなくザ・ドリフターズとともに番組の主役だった

ニュース コラム

記事詳細

更新

【中江有里の直球&曲球】
『全員集合』の舞台装置は、間違いなくザ・ドリフターズとともに番組の主役だった

 子供の頃、夢中になったテレビ番組のひとつがTBS系「8時だョ!全員集合」。土曜の夜8時は必ずテレビの前にいた。まだ家庭用ビデオが普及する前だったから、オンタイムで見るのが当たり前だった時代だ。番組は基本的に生放送だったのでハプニングもそのまま放送された。スタートしてすぐ会場が停電になり、真っ暗なまま番組が進行した回があったのも印象深い。放送回数803回の公演は全国のホールなどで観客を前にしての公開放送。前半はコント、後半は人気歌手が登場して意外な素顔を見せるのも楽しかった。

 昭和45(1970)年「旧杉並公会堂」の公演資料をはじめとした数々の舞台装置の図面やスケッチ・写真などを紹介する東京・杉並区立郷土博物館分館企画展「8時だョ!全員集合」(12月10日まで)に足を運んだ。知恵と工夫が満載の展示だった。「ドリフの夢のマイホーム」の舞台装置は、家を覆いかぶせるような崖から大きな岩が踏みとどまっている。巨大な岩が落下して家をつぶそうとするハラハラ感がコントをスリリングに仕立てている。

続きを読む

「ニュース」のランキング