産経ニュース

【主張】ICBM発射 北は自滅への道急ぐのか 「核完成」阻止へ手立て尽くせ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
ICBM発射 北は自滅への道急ぐのか 「核完成」阻止へ手立て尽くせ

 北朝鮮に核・弾道ミサイル戦力を放棄する考えなどない。それが改めて明確になった。

 北朝鮮が日本海に向けて発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)は、約千キロ飛行して青森県西方約250キロの日本の排他的経済水域(EEZ)に着弾した。

 日本は、同盟国である米国や国際社会とともに、北朝鮮の核戦力完成を全力で阻止すべきだ。

 必要な手立てはすべて講じなければならない。連携、結束という言葉にとどまらず、日本自らのさらなる具体的行動が求められる。残された時間は多くはない。

 ≪圧力なき対話は無力だ≫

 国連安全保障理事会の決議に違反し、平和を乱す暴挙を、世界が非難している。厳しい制裁措置を受けながらも、北朝鮮は自滅への道から引き返してはいない。核を放棄する対話のテーブルにつかせるための努力は、なお必要だ。

 ICBMは、通常よりも高い角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」をとり、到達高度は過去最高の約4500キロだった。通常軌道であれば、1万3千キロ以上飛ぶとみられる。北朝鮮は声明で「米本土全域を攻撃できる」ほか、「超大型の重量級核弾頭」を搭載できると主張した。

 「国家核戦力の完成」を宣言したが、これは額面通りに受け取れない。ICBMで米本土を射程に収めることと、核攻撃できることとは次元が異なるからだ。

 ICBMの核弾頭が大気圏再突入時の7千度の高熱に耐え、もくろみ通りに爆発させるには技術的に高いハードルがある。北朝鮮はすでに7月の発射で成功したというが、日米両政府は懐疑的だ。今回の発射も分析が必要だ。

 それでも、北朝鮮が着々と開発を進めてきたことは明白だ。放置すれば対米核攻撃能力を完成させるだろう。米国が日韓両国にさしかける「核の傘」は、破れ傘になってしまう。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は2カ月半ぶりとなる。その間、トランプ米大統領のアジア歴訪や米空母3隻の日本海集結、中国共産党大会の開催があった。

続きを読む

「ニュース」のランキング