産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(7) IOCを“平等主義者”のものに

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(7) IOCを“平等主義者”のものに

 「オリンピックムーブメントを発展させる新たな推進力となる」。1980年7月19日、モスクワ五輪の開会式で組織委員会の会長、イグナーチ・ノビコフはこうあいさつした。だが、ソ連はいったい何を推進しようとしたのか。

 国際オリンピック委員会(IOC)の加盟国の大幅な増加にそれが示されている。五輪参加は1952年ヘルシンキ五輪の69カ国から72年ミュンヘン五輪の121カ国へと倍増した。ソ連の加盟が社会主義国や発展途上国を引き入れる結果となったからだ。

 そこで訴えたのが“ソ連的民主化”という戦略。「欧州の紳士クラブ」と位置づけられたIOCを“平等主義者”のものとし、「世界のあらゆる地域からなる、真に国際的な組織」にする。“平等主義者”の中心となって世界へ影響力を拡大していく狙いだ。

 戦後のスターリン体制下、国際組織と関係を築くことは米国主導の戦後秩序に取り込まれ、国家の弱さを見せるものだと考えられていた。それが後に大きく変わった。当時の資料などを基に昨年末に米国で刊行された論文『五輪、ソ連スポーツ当局と冷戦』でその実情が分析されている。

続きを読む

「ニュース」のランキング