産経ニュース

【日曜に書く】公教育にもっと民間の知恵を 論説委員・佐野慎輔

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
公教育にもっと民間の知恵を 論説委員・佐野慎輔

 タイトルに引かれて、シンポジウムをのぞくことがある。先々週末、東京国際フォーラムで開かれた「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017」の分科会『変わる社会 変わる教育』がそれだった。

 ◆目的喪失の時代に

 べつに教育学を学んだわけではない。教育問題を取材したこともない。大学で講義をもつものの、まったくの素人は、まず「学校教育」が頭にうかぶ。

 しかし、この日の討論では、コーディネーターの市川力さん(54)をはじめ、4人の登壇者は公教育に携わった経験がない。違う角度から教育を見てきた人たちである。

 マーケティングコンサルタントの男性は、今の時代を「目的喪失の時代」と定義し、「内発的な動機が失われ、イノベーションを担う人材が出てこない」と指摘する。

 確かに公教育は、画一的で詰め込み式、偏差値にとらわれていると批判されて久しい。彼は返す刀で、「本物の学びとは、時間と戯れるものではないか」と問題提起した。

 「変動的で不確実で、複雑で瞬時に反応を求めるような状況を、近代的な発想で解決しようとすると、子供の豊かな時間が奪われる」

続きを読む

「ニュース」のランキング