産経ニュース

【主張】勤労感謝の日 「互いに」の思いを大切に

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
勤労感謝の日 「互いに」の思いを大切に

 「勤労感謝の日」を初めて迎えたのは昭和23年である。この年に制定された祝日法には「勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう」とうたわれた。

 戦前の新嘗(にいなめ)祭に由来する日で、宮中では新嘗の祭儀が行われる。身を清めた天皇陛下が神々に新穀を供え、一年の収穫を感謝するとともに、自らも食することにより国に実りをもたらす力を得られるとされる。

 秋の収穫は朝廷ばかりか民間でも古くから祝われていた。実りへの感謝は、日本の歴史の中を連綿と継承されてきたのだ。民族の精神に思いを致す日でありたい。

 敗戦後の23年は、改善の兆しが見えつつあったとはいえ、庶民の食糧事情はまだまだ厳しかった。当時の「国民生活」世論調査では、都市住民の半数以上が「現在の配給主食では1カ月のうち10日くらい不足する」と答えている。そんな時代だったのだ。

 「食べられること」への感謝の気持ちは、豊かになった現在とは比べようもないほど強かったに違いない。どこの家庭の子供も「ご飯一粒でも残したらもったいない」と教えられたものである。

 感謝の思いは農業に従事する人だけでなく、農具の製造や農産物の運搬など直接目に触れることのない多くの人々の労働、さらには季節の巡りをもたらす自然の働きにも向けられたことだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング