産経ニュース

【風を読む】「副業の解禁」は間が悪い 本業と合算した労働時間は自分でコントロールするしかないが… 論説委員長・石井聡

ニュース コラム

記事詳細

更新

【風を読む】
「副業の解禁」は間が悪い 本業と合算した労働時間は自分でコントロールするしかないが… 論説委員長・石井聡

 「24時間戦えますか。」というキャッチコピーが約30年前にはやった。今なら「ブラック企業か」と取り沙汰されるかもしれない。

 そう思ったのは「企業による副業解禁」というテーマが大詰めを迎えているからだ。一部の大手企業などは解禁済みだ。政府がどこまで推進に踏み込むかが注目されている。

 収入を増やしたい。将来が不安だ。副業を始めたい人の理由はさまざまだ。一方、認める企業側は、個人のスキルが強化され、本業に反映されることなども期待している。

 お互いが求め合うなら話は早い、解禁すべし。そういう考え方もあるが、世の中そう簡単ではない。時代遅れとの批判を恐れず懸念を挙げよう。

 副業が成立するには、当たり前だが本業以外の働き口が見つかり、そこで働く時間が確保されなければならない。

 昨今、政府は長時間労働の削減に旗を振っている。副業をする人は、本業での残業はしないか減らすだろう。そこまでは良いが、本業と副業とを合算した労働時間をどうするかは自分でコントロールするしかない。休日(休養)をどう取るかも、同様である。

続きを読む

「ニュース」のランキング