産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(6)「五輪参加は理想でも、ソ連がさも正しいと世界に思わせてしまった」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(6)「五輪参加は理想でも、ソ連がさも正しいと世界に思わせてしまった」

東京での主要国首脳会議で会見するサッチャー英首相。西側自由主義陣営の旗手としてモスクワ五輪と戦うことになった=1979年6月 東京での主要国首脳会議で会見するサッチャー英首相。西側自由主義陣営の旗手としてモスクワ五輪と戦うことになった=1979年6月

 「英国の多くの選手が政府の指示に従わず、モスクワ五輪をボイコットしなかったのは遺憾である。しかし、米国と西ドイツが参加しなかったことで英国の選手が栄光をつかんだと考える向きもあるが、4選手はそうでなくともメダルを取っていただろう」

 陸上のスティーブ・オベットとセバスチャン・コー、アラン・ウェルズ、デイリー・トンプソンの4人のことである。英政府の本音と建前がにじんでいる。

 だが、首相はかたくなだった。英王室に要請して、五輪の金メダリストなら間違いなく参加する新年の行事から締め出した。「五輪参加は理想でも、ソ連がさも正しいと世界に思わせてしまった」。五輪歌と五輪旗の下での参加でも、見る人は英国代表と受け止める。最初から最後まで政治には妥協するしか手はなかったようだ。=敬称略(蔭山実)

「ニュース」のランキング