産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(6)「五輪参加は理想でも、ソ連がさも正しいと世界に思わせてしまった」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(6)「五輪参加は理想でも、ソ連がさも正しいと世界に思わせてしまった」

東京での主要国首脳会議で会見するサッチャー英首相。西側自由主義陣営の旗手としてモスクワ五輪と戦うことになった=1979年6月 東京での主要国首脳会議で会見するサッチャー英首相。西側自由主義陣営の旗手としてモスクワ五輪と戦うことになった=1979年6月

 首相の要請に賛同した競技団体もないことはない。馬術。期待の女性選手のルシンダ・グリーンは「ソ連は他人の自由を踏みにじった。それを気に病まずしてどうして競技に参加できるのか」と、不参加を後悔することはなかった。ソ連軍のアフガニスタン侵攻に反発してフランスで開かれた代替大会に出場する。

 それでも五輪を目指して練習を積んできた選手の大半は首相の主張に納得しなかった。ただ、苦悩はつきまとった。競泳男子平泳ぎ100メートルで金メダルを獲得したダンカン・グッドヒューは英BBCテレビにこう語っている。

 「義理の父が戦争の英雄でモスクワ五輪参加に反対だった。私の母と激しく口論していたのを覚えている」。選手自身だけでなく、家族を巻き込むような、つらい葛藤があったことがうかがえる。

 そうした苦悩を乗り越えて五輪に英国選手は参加することになったのだが、モスクワでのメダリストをサッチャー政権はどう迎えたのか。ここでも英外務省での興味深い検討結果がある。

続きを読む

「ニュース」のランキング