産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(6)「五輪参加は理想でも、ソ連がさも正しいと世界に思わせてしまった」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(6)「五輪参加は理想でも、ソ連がさも正しいと世界に思わせてしまった」

東京での主要国首脳会議で会見するサッチャー英首相。西側自由主義陣営の旗手としてモスクワ五輪と戦うことになった=1979年6月 東京での主要国首脳会議で会見するサッチャー英首相。西側自由主義陣営の旗手としてモスクワ五輪と戦うことになった=1979年6月

 「ボイコットの効果は期待には及ばないことがうかがえる。いくつかの競技で欠場が多くなったにもかかわらず、ソ連当局が五輪のような大きなスポーツ大会をうまく運営できる兆候は十分にある」

 1980年7月、モスクワ五輪開幕直前、在ソ連英国大使館の高官は本国にそう公電を送っている。ボイコットを要請し続けたマーガレット・サッチャー首相には受け入れがたい報告であっただろう。

 「モスクワ五輪はソ連政府の宣伝のために行われる。そのような五輪はもはや選手の期待に沿うものではなく、英国選手が参加することは英国の国益にも、また広く西側の利益にも反し、悪である」

 英国オリンピック委員会(BOA)のデニス・フォローズ会長に首相が送った手紙の趣旨だ。「モスクワでメダルを取っても価値は下がり、表彰式も見え透いたまねごとでしかない。五輪はボイコットされるからだ。大会は五輪の名にも値しない」とも付け加え、翻意をうながした。

続きを読む

「ニュース」のランキング