産経ニュース

【日曜に書く】誰が日本の銀行を殺すのか 論説委員・井伊重之

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
誰が日本の銀行を殺すのか 論説委員・井伊重之

みずほ銀行の本店=東京都千代田区 みずほ銀行の本店=東京都千代田区

 みずほフィナンシャルグループが支店網の2割削減を打ち出すなど、大手銀行のリストラが本格化してきた。インターネットの普及と日銀のマイナス金利などで銀行の収益基盤が急速に毀損(きそん)しているからだ。薄利多売の支店網を全国の駅前一等地に構える銀行のビジネスモデルは立ちゆかなくなっている。

 とくに日本の場合、以前からオーバーバンキング(銀行過剰)という事業構造が指摘されてきた。大手銀行や地方銀行、信用金庫や信用組合、それにゆうちょ銀行も加わり、世界でも例をみないほど多くの支店がひしめき合う構図だ。

 ◆薄利多売の過剰店舗

 しかし、その銀行の窓口から猛烈な勢いで客足が遠のいている。メガバンクの都内支店では10年前に比べ来店客が4割近く減少した。インターネット専業銀行は「振込手数料無料」を売り物にしている。ネットやATMを使った口座振替や送金などが広がり、窓口を訪れる必要がなくなっている。

 日銀は先月、邦銀の収益低下の背景に過当競争があるとのリポートをまとめた。都心・地方とも銀行店舗は過剰で、手数料収入が少ないために1店あたりの収益は、欧米の商業銀行より低いと厳しく分析している。

 欧米の銀行口座には一定の口座維持手数料がかかるのが一般的だが、日本ではほとんど徴収されていない。日本の中小金融機関の手数料などの非金利収入は米国の4割、欧州に比べると2割に満たない低水準だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 誰が日本の銀行を殺すのか 論説委員・井伊重之

「ニュース」のランキング