産経ニュース

【産経抄】陳謝も急ぎすぎちゃった 世界が驚く日本の鉄道 11月19日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
陳謝も急ぎすぎちゃった 世界が驚く日本の鉄道 11月19日

つくばエクスプレス つくばエクスプレス

 日本の鉄道事業に制服制度を残したのは、後藤新平だった。かつて国有鉄道を管理した鉄道院の初代総裁である。「怠惰を制し、放逸を戒め、規律を確守し、責務を重んじ、これを全うさせる」。制服の役目を問われ、後藤はこう述べている(『時代が求める後藤新平』藤原書店)。

 ▼鉄道マンにとって、制服は第2のブレーキだろう。昨今はしかし、居眠り運転に携帯電話をいじる「ながら運転」など、先人の遺訓に背く不届き者が多い。それゆえ新鮮な驚きを伴う出来事もある。つくばエクスプレスの運行会社が遅延ならぬ「早発」を陳謝した。

 ▼今月14日、千葉県内の駅を定刻の「午前9時44分40秒」に発車するところを20秒早く出た、と。運転士の確認不足が原因だという。正確なダイヤを売り物にする日本ならではのニュースだが、「これは問題なのか」とニューヨークの大衆紙が報じたのも無理はない。

 ▼時刻表を違えたわけでも、乗り遅れた客がいたわけでもない。20秒への懺悔(ざんげ)は、「守るのは時間ではなく人の命」という自戒の表れだろう。駆け込み乗車を招きかねない早発は看過できなかったに違いない。律義な国民気質というより鉄道マンの矜持(きょうじ)をそこに見る。

続きを読む

「ニュース」のランキング