産経ニュース

【正論】中国の「攻撃的姿勢」は変わらない 日米の軍事能力、2030年が分水嶺だ 元駐米大使・加藤良三 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
中国の「攻撃的姿勢」は変わらない 日米の軍事能力、2030年が分水嶺だ 元駐米大使・加藤良三 

元駐米大使・加藤良三氏 元駐米大使・加藤良三氏

 中国について肝に銘じておくべきことは、この先中国がさらに強くなろうが弱くなろうが、安保・防衛面での「攻撃的姿勢」が変わることはないということである。

≪日米で抑止力の総和を高めよ≫

 このため、日米の「対中脅威認識」にギャップがないよう調整しつつ、日本自身の抑止力(「防御力」に加えて「打撃力」も検討すべきだ)、核の傘を含むアメリカの抑止力、日米同盟から発する抑止力の総和を高めるべきである。

 アメリカの複数の軍事戦略家が述べていたのは、2030年が分水嶺(れい)-つまり、それまでは日米あわせた軍事能力が中国のそれを上回るだろうが、その先は不透明度が増すということだった。安保・防衛面では「先行投資」が必要になる(予算が実際の装備になるまで、モノによっては数年以上を要する)ので、今から備えておかないと、ゆくゆくは時間が足りなくなるということだ。

 日本が抑制的な安保・防衛政策の根幹を維持しつつ、その枠内で打ち出しうる手立ては、いろいろあるはずである。それらを洗い出して、実施に繋げる作業を急ぐことが肝要だ。(元駐米大使・加藤良三 かとうりょうぞう)

「ニュース」のランキング