産経ニュース

【津田俊樹のスポーツ茶論】批判は理解できるが、あえて「大学駅伝ファースト」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【津田俊樹のスポーツ茶論】
批判は理解できるが、あえて「大学駅伝ファースト」

 1回、2回、3回と福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督が宙に舞う。4日、プロ野球日本シリーズ第6戦にサヨナラ勝ちして2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

 歓喜の輪に背を向けて、センターからのカメラにポーズをとる選手に違和感を覚えたが、もはや、お約束の流れ。そんなことで渋面を作るのは少数派らしい。

 話は伊勢路に飛ぶ。翌5日、全日本大学駅伝が行われ、神奈川大が20年ぶり3度目の優勝を成し遂げた。出雲駅伝の覇者・東海大、2連覇を目指した青山学院大を退けての快挙だった。

 大後(だいご)栄治監督の胴上げが行われると思われたが、ヒーローの鈴木健吾主将は舞ったものの、監督は拒み続けた。

 「(近くに)東海大さんがいたので、スポーツマンシップに反するのではと思って」

                 □  □

 大学駅伝の指導者は多芸多才でユニークである。昨シーズン、出雲、全日本、箱根の3冠に輝いた青学大の原晋監督は「陸王大作戦」「青山祭大作戦」などと言葉巧みなキャッチフレーズで注目を集める。

続きを読む

「ニュース」のランキング