産経ニュース

【正論】朝鮮半島が反日勢力の手に落ちるのを米が容認…中朝めぐる重層的危機に備えよ モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授・西岡力

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
朝鮮半島が反日勢力の手に落ちるのを米が容認…中朝めぐる重層的危機に備えよ モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授・西岡力

モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授・西岡力氏(森本幸一撮影) モラロジー研究所教授・麗澤大学客員教授・西岡力氏(森本幸一撮影)

 私は10月20日付本欄で、金正恩政権の核ミサイル開発が米国の安全を脅かす水準に近づいており、トランプ大統領が軍事攻撃を決断する可能性に言及した。

 〈トランプ政権は軍事行動にあたって陸上部隊を使わない…文在寅大統領が戦争反対に固執して韓国軍を出さないなら、韓米同盟は破綻し、米国は中国軍による北朝鮮占領を許容する…南北ともに「反日親中政権」ができる〉

 本欄で11月9日付に中西輝政京都大学名誉教授が、10日付に島田洋一福井県立大学教授が同じ危機感を表明された。

≪日米韓の離間を企てる従北勢力≫

 金正恩氏の核ミサイル開発を阻止し拉致被害者全員を取り戻すために、われわれが通らなければならない危機が目の前に迫っており、その後ろに朝鮮半島全体が反日勢力の手に落ちることを米国が容認するという、もう一つの危機が重層的に控えている。

 習近平国家主席は太平洋の西半分地域は自分のものであるかのように「太平洋には中国と米国を受け入れる十分な空間がある」と言い放った。河野太郎外相は直ちに反論した。わが国は中国の覇権の下で暮らすわけにはいかない。中国中心の儒教文明圏とは異なる一国一文明というわが国の国柄が壊されるかもしれない危機が、近くまで忍び寄ってきた。

続きを読む

「ニュース」のランキング