産経ニュース

【産経抄】神話となれ「二刀流」…米大リーグに挑む大谷翔平 11月12日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
神話となれ「二刀流」…米大リーグに挑む大谷翔平 11月12日

会見で大リーグ移籍を表明し、記者の質問に答える日本ハム・大谷翔平=11月11日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影) 会見で大リーグ移籍を表明し、記者の質問に答える日本ハム・大谷翔平=11月11日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影)

 西鉄の大投手、稲尾和久は打席でも頼りになった。巨人と争った昭和33(1958)年秋の日本シリーズは、登板した第5戦でサヨナラ本塁打を放っている。作家の丸谷才一さんはこの一打を「球界の神話」と賛美した。

 ▼西鉄が3連敗から4連勝で制した伝説の名勝負である。聞けばうなずくオールドファンも多いだろう。〈「神様、仏様、稲尾様」だから当然だけれど〉。丸谷さんが『野球いろは歌留多(かるた)』に書き留めている。投打の分業制が敷かれた昨今の野球事情を思えば、「神話」とは言い得て妙である。

 ▼いやいや、当代にも「神様」候補はいます-と泉下の丸谷さんに投げ掛けてみる。漫画の中の「投げてはエース、打っては4番」という夢物語を形にした青年が、「二刀流」を携えて海を渡る。日本ハムの大谷翔平選手(23)である。

 ▼今オフの入札を経て米大リーグに挑むという。11日の会見で「(投打のうち)一つ諦めるということは今の時点では考えていない」と語った。昨年は「1番・投手」で先頭打者本塁打を放ち、今年は「4番・投手」で先発している。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング