産経ニュース

【一筆多論】バイオ発電に申請殺到、バブル再来の気配 井伊重之

ニュース コラム

記事詳細

更新

【一筆多論】
バイオ発電に申請殺到、バブル再来の気配 井伊重之

 再生可能エネルギーをめぐるバブルが再来する気配だ。最初のバブルは太陽光発電だったが、今度はバイオマス発電で事業者の申請が殺到している。再生エネで発電した電気を定められた値段で買い取る「固定価格買い取り制度」(FIT)にもとづく高い買い取り価格が響いており、最後は国民が支払う電気代に転嫁される。バブルを何度も招く制度の根本的な改革が問われている。

 バイオマス発電は、木くずや食物などの生物に由来した物質を燃料として発電する。5年前に始まったFITの買い取り対象となっており、日照時間や天候などに左右される太陽光や風力よりも安定的に発電できる特徴がある。

 このバイオマス発電の設備認定が急増している。2015年度の認定容量は601万キロワットだったが、16年度には1473万キロワットに伸び、今年度も9月末までに130万キロワット以上が認定されたという。

 この中核は木質ペレットを燃料とする木質バイオマス発電だが、その買い取り価格が10月以降、1キロワット時あたり24円から21円(出力2万キロワット以上)に引き下げられた。このため、昨年度から駆け込みで認定申請する事業者が相次いだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング