産経ニュース

【産経抄】トラベルとトラブル 11月10日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
トラベルとトラブル 11月10日

 英語のトラベルとトラブルは語源を異にしながら、元の意味はどちらも困難や苦労である。確かに昔、「旅は憂いもの辛(つら)いもの」だった。

 ▼日本で交通機関が発達し宿泊施設が整備されると、「旅行」という新しい言葉が広まった。「楽しみの為に旅行するやうになつたのは、全く新文化の御陰である」。民俗学者の柳田国男は、昭和2年の講演で述べている。辛い「旅」に対して、楽しい「旅行」を明確に区別していた(『旅行ノススメ』白幡洋三郎著)。

 ▼今ではインターネットで予約して、気軽に海外旅行が楽しめる。ただ、「格安」という「新文化」には落とし穴があった。旅行会社「てるみくらぶ」の破綻で、代金を払いながら旅行に行けなかった人は、9万人にものぼる。旅先で取り残され、「日本に帰国できないかもしれない」と不安に襲われた人もいた。

 ▼問題発覚から約7カ月たって、社長の山田千賀子容疑者らが詐欺容疑などで警視庁に逮捕された。決算書類を改竄(かいざん)して金融機関から融資金をだまし取ったというのだ。といっても、旅行代金はほとんどもどってきそうにない。

続きを読む

「ニュース」のランキング