産経ニュース

【葛城奈海の直球&曲球】殉職自衛官に思いを馳せる国民でありたい 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【葛城奈海の直球&曲球】
殉職自衛官に思いを馳せる国民でありたい 

自衛隊殉職隊員追悼式で弔銃を見守る安倍晋三首相=28日午前10時52分、防衛省(代表撮影) 自衛隊殉職隊員追悼式で弔銃を見守る安倍晋三首相=28日午前10時52分、防衛省(代表撮影)

 台風22号が接近していた10月28日、東京都新宿区にある防衛省の一角、白と黄の花に彩られたメモリアルゾーンで、平成29年度自衛隊殉職隊員追悼式が行われた。

 本年度の殉職隊員は、陸上自衛官14柱、海上自衛官11柱の計25柱。自衛隊の前身である警察予備隊発足以来の殉職者は、1934柱に及ぶ。防衛相が主催し、最高指揮官である内閣総理大臣をはじめ遺族や来賓、約350人を迎えて毎秋挙行される追悼式では、拝礼、献花、儀仗(ぎじょう)隊による弔銃が行われ、新殉職隊員の名簿を刻んだ銅版が慰霊碑に納められる。

 安倍晋三首相は、「強い使命感と責任感を持って職務の遂行に全身全霊を捧(ささ)げた皆さまは、この国の誇り」と追悼の辞を捧げた。

 自衛隊機の事故が相次いでいることを受け、開式前、OBらが集う来賓控室に小野寺五典(いつのり)防衛相が見え、今年は新たに祭られる御霊(みたま)の数が多いこと、現在も海自・空自の隊員が行方不明のまま捜索中であることを述べた。私はここ10年ほど参列しているが、式典前の大臣のこうした行動は異例だ。簡潔な言葉にも、深い哀悼の意がにじんでいた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 殉職自衛官に思いを馳せる国民でありたい 
  • 殉職自衛官に思いを馳せる国民でありたい 
  • 殉職自衛官に思いを馳せる国民でありたい 
  • 殉職自衛官に思いを馳せる国民でありたい 

「ニュース」のランキング