産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(4)負けるとしたら自分だけ 見知らぬ敵地で得たイギリス選手の金メダル 「モスクワを早く終わらせたかった」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(4)負けるとしたら自分だけ 見知らぬ敵地で得たイギリス選手の金メダル 「モスクワを早く終わらせたかった」

男子1500メートルでのセバスチャン・コー(中央、254)の金メダルを報じる英紙タイムズ=1980年8月 男子1500メートルでのセバスチャン・コー(中央、254)の金メダルを報じる英紙タイムズ=1980年8月

 英国では200万人以上が仕事の手を止め、通りの電器店前にも繰り出してテレビ画面にくぎ付けになった。1980年8月1日、モスクワ五輪も大詰め、陸上男子1500メートル決勝。セバスチャン・コーには競技人生を懸けた一戦になったといっていい。

 800メートルに敗れた翌朝、十種競技で金メダルを取った同僚のデイリー・トンプソンがコーの部屋に来た。「“天気”はどうだい」「“曇天”だ」。コーはそう答えるのがやっとだった。そこでトンプソンが冗談か本気かわからない話をする。

 「君が1500メートルで金メダルを取った後、(スティーブ・)オベットの奥さんと、君の父、私の叔母の3人でそれぞれ金メダルを持っているところを写真に撮るというのはどうだ。メディアが喜ぶぜ」

 コーは思わず笑ったが、笑える気分ではなかった。

 転機となったのは予選前日、56年メルボルン五輪陸上男子3000メートル障害で金メダルを取った英国陸上界の大先輩からの手紙だった。そこには1500メートルをどう走るべきかが手書きでつづられていた。

続きを読む

「ニュース」のランキング