産経ニュース

【スポーツ茶論】正木利和 卓球の繊細さが生みだす滑らかさ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【スポーツ茶論】
正木利和 卓球の繊細さが生みだす滑らかさ

 近藤高弘(59)は京都の陶芸一家に生まれた。祖父の悠三(1902~85年)は有名な染付の人間国宝、もちろん伯父も父も陶芸家である。ところが、若き日の近藤が熱中したのは卓球だったのだという。

 「小学校のころサッカーや野球、かけっこ、どれも普通の子でした。でも、卓球は誰にも負けなかった。ヒーローになれたんです」

 自然、中学で卓球部に入る。けれど、部にはコーチがいなかった。そこで、道場あらしのようなことをやった。当時、京都の町のあちこちにあった卓球場に出向き、強いといわれるおとなたちに稽古をつけてもらったのである。すると、中学1年の冬、京都市の新人戦で優勝してしまった。

 しかし、2年のとき、ぱったり勝てなくなってコーチのいない限界を感じたのだという。なんとか親に頼み込み、奈良の天理大学に通って卓球部で練習をつけてもらうようにした。おかげで、3年のときには京都府のチャンピオン、近畿大会でも3位に入った。

続きを読む

「ニュース」のランキング